もっそり投資

異業種へ転職したサラリーマン投資家が、資産運用や世の中のオカシなことについて綴ります
MENU

スポンサーサイト


⇒この記事を読む

※ネタバレ多数『すべての知識を「20字」にまとめる 紙1枚! 独学法』を読んで

ビジネス本をはじめ、せっかく書物を読んだのに、学んだことのほとんどを忘れてしまっているという経験はありませんか?私はいつもこの問題にぶち当たります。どうすれば読んだ本の内容を記憶し実践することができるのか、全然分かっていなかったので、この課題を克服するために1冊の本を読むことにしました。今日はその本を簡単に紹介したいと思います。以下、メモも兼ねてます。すべての知識を「20字」にまとめる 紙1枚! 独学法...

⇒この記事を読む

トヨタ自動車の新サービス「KINTO」とは

トヨタ自動車が2019年始めから提供予定でいる新サービス「KINTO」をご存知でしょうか。このサービスを一言で表現するなら、ずばり「月額制クルマ乗り換え放題サービス」です。毎月一定の料金を支払うことで、好きなクルマに好きなタイミングで乗ることができる、そんなサービスを提供するという発表が2018年の11月初頭にあったようですが、私は2019年に入ったぐらいのタイミングでこれを知りました。税金や保険、メンテナンスなど...

⇒この記事を読む

まだまだ投資経験者が少ないと実感した話

先日、マネージャーによるマネー講習会が開かれました。転職していけいけドンドンな若い会社に入社した訳ですが、やはり新しい風が吹いているだけあって、自己啓発を目的とした企画が有志によって開催されることがあります。「マネー講習会?いいね〜待ってました!」と思い、迷わず参加。個別株、インデックス、保険、不動産、クラウドファンディング、確定拠出年金など、我々の手が届く金融商品の数々を経験してきたこれまたいけ...

⇒この記事を読む

私が大手メーカーから抜け出してメガベンチャーへ転職した理由

2011年から約7年に渡り、ガチガチの日系メーカーで総合職として働いていました。客観的に見ると、会社生活は至って順風満帆でした。結果的に29歳で転職したのですが、転職直前の年収は約600万円ありました。ちなみに残業時間は毎月40〜50時間ぐらいで、海外への長期出張(2〜3週間)が年に2〜3回ありました。諸々の手当を含めての600万円です。将来的なポジションや年収は約束されたも同然です。35歳で役職が付き、40歳過ぎには課...

⇒この記事を読む

『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法』をレビュー

久々のBOOKレビューとなります。色々と本は読んでいますが、なかなかアウトプットできず詰め込みっぱなしになっていましたので、レビュー記事をできる限り書いていこうと思います!本日は最近書店の入り口でよく見かけるようになった『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む転職の思考法』という本をご紹介します。このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法新品価格¥1,512から(2018...

⇒この記事を読む

株式投資も重要だが、将来のキャリアを見据えた自己投資も重要なのではないか

株式投資デビューしたのが2016年の春。あれから約2年半が経ちましたが、個別株軍資金40〜60万円(月が経つにつれて増やしていきました)を使って通算20万円ほどの利益を出すことができています。個別株軍資金の平均を仮に50万円と置くと、利回りは約40%であり、個人的にはかなり良い成績を収められているのではないかと思っています。現在ではインデックス型投資信託も含め、合計で100万円ほど投資できています。しかし一方で、転...

⇒この記事を読む

アウトプットを意識して知識を深める

ご無沙汰しております。無事に転職し、新天地で頑張っていますが、何せ業務量が半端じゃないです。覚悟はしていましたが、思っていた以上にスピードが求められ、同じタイミングで異業種から転職してきた中途の同期も私と一緒で焦りの色を隠せません。今まで自分がいかにぬるま湯のような環境で仕事をしていたかがよく分かりました。一方、私がずっと抱いていた危機感は間違いではありませんでした。あのまま前職に留まっていたら、...

⇒この記事を読む

世間一般でいう「勝ち組」であるはずのサラリーマンが、実は自分の意思で生きる道を選択していなかった話

中学生時代から勉強に励み、テストでとにかく良い点数を取って高校への推薦入試の切符を掴む。高校入学後はひたすら野球部の活動に打ち込んだ結果、期末テストや全国模試の成績が振るわず。大手企業に就職するためにはレベルの高い大学に入るしかないという考えから、泣く泣く2年目後半で退部。その後受験モードに切り替えて勉強に励んだが、センター試験の結果はいまいち。さらに猛勉強し、二次試験で挽回。何とか某有名大学に入...

⇒この記事を読む

朝からストレス倍増!通勤中にイラっとする人たちの行動まとめ

仕事をする上で最も無駄が多い作業、通勤。労働人口の東京一極集中、リモートワークの導入遅れ、同一就業時間へのこだわり。このような背景から、日本では依然として当然の如く毎日満員電車に揺られ、ストレスを抱えながら通勤するサラリーマンがほとんどでしょう。そんな毎日の通勤はただでさえストレスフルな環境なのに、追い打ちをかけるようにイラっとすることがよく起きるものです。「人様に迷惑をかけるな」と育てられてきた...

⇒この記事を読む

バリューセットの原価が衝撃的!マクドナルドでコスパ良く注文する方法

マクドナルドのハンバーガーって、たまに食べたくなるんですよね。健康に良くないと頭では分かりつつも、気づくと体が勝手にお店に向かっていたりします。何と言ってもあのポテトに中毒性があるんですよね。お店によっては若干塩加減が違うので当たり外れがありますが、ちょっと塩が多めの店舗に当たるとLサイズのポテト3つぐらい食べれちゃいそうな気持ちになります。さて、そんなマクドナルドですが、みなさんは普段どのように注...

⇒この記事を読む

高いコストパフォーマンスを誇るインデックス投資に集中すべきか否か

ここのところ、長いこと個別株の含み損を抱えています。「口座管理」画面で最後に赤くなっているプラスの数字を見たのはいつだろうか。覚えていないほどです。いずれ上がると思って買っている銘柄ですので辛抱強くホールドを続けていますが、やはり精神的なダメージはあります。一方、コツコツ続けているインデックス投資の方はずっと含み益が出ています。あーなるほど、やはりそういうことなんだな。結局インデックス投資の方がは...

⇒この記事を読む

部下に対して「上を見て働く方法」を熱心に指導する上司を見て思うこと

大企業に勤めていて日頃モヤモヤしていることの1つとして、特定のスキルを伸ばすことが難しく、結局自分のマーケットバリューを高めることができないという点があります。要因は複合的ですが、例えば部署異動が1つ大きく影響します。またの名を「ジョブローテーション」というのでしょうか。数年ごとに部署異動を強いられ、自分の担当職務にようやく慣れた頃に別の仕事をする羽目になるサラリーマンは少なくないのではないでしょう...

⇒この記事を読む

意外と知られていない?宝くじはどこで買っても当選確率が同じ

宝くじの当選者がたくさん出ることで有名な西銀座チャンスセンター。一攫千金を狙い、わざわざここに足を運び、数時間かけて並んで宝くじを買う人がたくさんいます。私から言わせると、「当選者がたくさん出る」という宝くじの売り文句は理にかなっていません。確かに今までの当選者数は多いかもしれませんが、当選確率は他と一緒であり、この記事でその解説をしてみようと思います。宝くじの1等賞が当たる確率そもそも宝くじの1等...

⇒この記事を読む

日立化成が検査データ捏造 不自然な株価続落はインサイダー取引によるもの?

6月29日、日立化成は産業用鉛蓄電池の一部製品の検査データを捏造していたと発表しました。対象台数は6万台で、納入先は500社にも上るみたいですが、今まで不祥事を公表してきた会社の例を見ていると、おそらく今後この対象は増えていくのでしょう。対象製品の売上高が総売上高の6%にあたる50億円分あると言うので、インパクトはそれなりです。どうやら不正は少なくとも過去7年間に及んでいるみたいで、昨年11月に品質保証責任者か...

⇒この記事を読む

転職活動を通して感じたことを書き出してみた

6月に入った頃から本格的に動き始めた転職活動ですが、約3週間で終止符を打つことになりました。無事に第一志望先から内定を頂くことができ、ホッとしています。そんな転職活動を通じて感じたことを書いてみようと思います。そんなに甘くはない転職活動まず、異業界・異業種への転職はなかなかハードルが高いということを実感しました。いくら東証一部の大企業に一定期間勤めた経験があったとしても、転職先は中途入社する者に対し...

⇒この記事を読む

デキる人に仕事が集まるのは良いこと?人事評価制度は仕事のモチベーションを左右する

ここ最近の持ち株成績は何だかパッとせず、仕事は相変わらずモチベーションゼロの状態が続いています。このブログで何度か取り上げていますが、「仕事のモチベーションを上げるにはどうしたらいいのか」というのは、少なくとも現職に就いている限りは私の永遠の悩みだったりします。仕事が全く楽しくない。今の仕事の意義が分からない。慢性的に発生する残業。全く聞いてもらえない自分の意見。尋常ではないほどのコンサバな考え方...

⇒この記事を読む

ホリエモンこと堀江貴文氏の著書「自分のことだけ考える。」をレビュー

久々に使うことになりました、「BOOKレビュー」カテゴリ。最近ちょっとペースを上げてまた本を読むようになったのですが、本日はホリエモンこと堀江貴文氏が買いた「自分のことだけ考える。〜無駄なものにふりまわされないメンタル術〜」という本を簡単にご紹介したいと思います。個人的には安心感を抱ける・元気になれる本でした。(146)自分のことだけ考える。: 無駄なものにふりまわされないメンタル術 (ポプラ新書)新品価格¥86...

⇒この記事を読む

楽天証券のロボ・アドバイザー 楽ラップを始めて1週間が経った結果

忙しくてまともに個別株を選定している時間が無い!ということで、以前から気にはなっていたロボ・アドバイザーに軽い気持ちで手を出してみることにしました。クドくて長ったらしい記事になるのは嫌なので、「ロボ・アドバイザーとは何ぞや」という話はここでは控えます。最近までは、AIが投資するって何だか胡散臭いなーと食わず嫌いな状態が続いていましたが、色々調べてみると結構良いパフォーマンスを叩き出しているみたいです...

⇒この記事を読む

実にもったいない!通勤時間は無駄なスマホゲームをやめて有効活用すべし

毎日朝晩の電車内でよく見かけるのが、スマホゲームに夢中になって遊んでいるサラリーマンたち。マンに限らず、OL達も「え、まだやってる人いたんや!」と思ってしまうツムツムを楽しんでいたりします。その時間、もったいないですよ!私は通勤時にやることが大体決まっています。ドア・ツー・ドアで片道約45分間の通勤なのですが、電車に乗るのは合計で約30分間です。他には歩く時間が10分、電車の乗り換え待ちが5分といった感じ...

⇒この記事を読む

何も変わらない働き方 相変わらず抱かざるを得ない有給休暇取得時の謎の罪悪感

休日配置に関してはプチブラックな東証一部上場企業に勤めているので、4月29日は本来出勤日。5月1日&2日と合わせて計3日間の有給を使い、今年のゴールデンウィークは勇気を振り絞って9連休にしました。会社では毎年、ゴールデンウィークとお盆の前になると部署全員の名前と約2週間分のカレンダーが一緒になった用紙が回覧され、そこに各々が自分の休む日を記入していきます。最終的にこの用紙はみんなが見えるところに貼り出され...

⇒この記事を読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。