もっそり投資

異業種へ転職したサラリーマン投資家が、資産運用や世の中のオカシなことについて綴ります
MENU

スポンサーサイト


⇒この記事を読む

高いコストパフォーマンスを誇るインデックス投資に集中すべきか否か

ここのところ、長いこと個別株の含み損を抱えています。「口座管理」画面で最後に赤くなっているプラスの数字を見たのはいつだろうか。覚えていないほどです。いずれ上がると思って買っている銘柄ですので辛抱強くホールドを続けていますが、やはり精神的なダメージはあります。一方、コツコツ続けているインデックス投資の方はずっと含み益が出ています。あーなるほど、やはりそういうことなんだな。結局インデックス投資の方がは...

⇒この記事を読む

部下に対して「上を見て働く方法」を熱心に指導する上司を見て思うこと

大企業に勤めていて日頃モヤモヤしていることの1つとして、特定のスキルを伸ばすことが難しく、結局自分のマーケットバリューを高めることができないという点があります。要因は複合的ですが、例えば部署異動が1つ大きく影響します。またの名を「ジョブローテーション」というのでしょうか。数年ごとに部署異動を強いられ、自分の担当職務にようやく慣れた頃に別の仕事をする羽目になるサラリーマンは少なくないのではないでしょう...

⇒この記事を読む

意外と知られていない?宝くじはどこで買っても当選確率が同じ

宝くじの当選者がたくさん出ることで有名な西銀座チャンスセンター。一攫千金を狙い、わざわざここに足を運び、数時間かけて並んで宝くじを買う人がたくさんいます。私から言わせると、「当選者がたくさん出る」という宝くじの売り文句は理にかなっていません。確かに今までの当選者数は多いかもしれませんが、当選確率は他と一緒であり、この記事でその解説をしてみようと思います。宝くじの1等賞が当たる確率そもそも宝くじの1等...

⇒この記事を読む

日立化成が検査データ捏造 不自然な株価続落はインサイダー取引によるもの?

6月29日、日立化成は産業用鉛蓄電池の一部製品の検査データを捏造していたと発表しました。対象台数は6万台で、納入先は500社にも上るみたいですが、今まで不祥事を公表してきた会社の例を見ていると、おそらく今後この対象は増えていくのでしょう。対象製品の売上高が総売上高の6%にあたる50億円分あると言うので、インパクトはそれなりです。どうやら不正は少なくとも過去7年間に及んでいるみたいで、昨年11月に品質保証責任者か...

⇒この記事を読む

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。