もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

プレミアムフライデーとは?効果はあるのか?

会社からの帰り道では、いつも車の中でNスタに耳を傾けています。
今日は特に気になるニュースがあったので記事を書き起こしてみます。

ずばり、「プレミアムフライデー」についてです。

詳しくは追記から。


そもそもプレミアムフライデーとは?

すごく簡単に説明すると、プレミアムフライデーとは
2ヵ月に一度の頻度で最終週の金曜日の終業時間を15時に設定し、
アフター5ならぬアフター3をサラリーマンに過ごしてもらおうという施策です。

国が狙っているのは、いつもより3時間程度早く仕事を
切り上げることによって発生する個人消費の増加です。

「普段はまっすぐ家に帰るけど、ちょっと飲んでから帰るかー!」とか、
「月末だしお給料も入ったし、早く上がれるからショッピングしていこ〜!」とか、
こういったプチプレミアムな個人消費が狙いです。

そして、デフレ脱却のための糸口にしようというのです。

既に具体的な運用開始日が決まっており、2017年2月24日が
記念すべき最初のプレミアムフライデーになる予定です。
但し、実際にこの施策を運用するための各企業における具体的な
取り組み方法等については、これから整備していくとのこと。


プレミアムフライデーに期待するメリットとは?

先ほどご紹介したように、プレミアムフライデーを導入することによって
個人消費が増加すると国が睨んでいる訳ですが、
具体的にどのようなメリットが期待されているのか。
まずはプレミアムフライデーに期待されているメリットをいくつかご紹介します。

1.個人消費の増加
  ・同僚や友人と早い時間帯から飲みに行ける。
  ・帰り道にお店でショッピングをしたり、映画鑑賞ができる。
  ・15時に帰れるので、そのまま当日のフライトで海外旅行へ行けてしまう。

2.仕事の効率アップ
  ・15時に終業となるので、それまでに必死に仕事を終わらせようとする。
  ・これが次第に良い意味でクセになり、無駄を省いた仕事ができるようになる。

3.諸用を済ませられる
  ・半休を取らずとも、役所へ行って各種手続きができるようになる。
  ・同じようにして銀行や郵便局へも行けるようになる。

こんなものでしょうか。
大体イメージが付きやすいメリットが多いように感じます。
言い換えれば、そこまで衝撃的なメリットは無いということになります。


プレミアムフライデーのデメリットとは?

次に、一般的に考えられるデメリットをいくつか挙げてみたいと思います。

1.早く終業した分だけ給料が減額される
  15時に仕事を切り上げるということは、18時が定時の会社であれば
  いつもより3時間短い時間しか働いていないことになります。
  単純に考えれば、その分のお給料は出ませんよね。
  つまり、月のお給料は3時間分減額されます。

2.サービス業への適用は難しいか
  全業界へのプレミアムフライデーの適用は正直無理だと私は思っています。
  一般的に考えても、特に銀行窓口や市役所、土日もやっている通信業や
  小売店の店舗営業、それから時差が発生する海外とのやり取りが多い会社等は、
  プレミアムフライデーの導入が難しいでしょう。

3.結局就業時間自体は変わらない
  結局片付けられなかった仕事を無理やり切り上げて早く帰宅したとしても、
  それは翌週の月曜日にブーメランのように自分へ戻ってくるだけです。
  もしくは、当日の朝はいつもより早く出勤して仕事をするなど、
  結局のところ月単位で見た時の就業時間は短縮されないのではないかと。


プレミアムフライデーの導入は難しく、効果も薄い

プレミアムフライデーに対する私の個人的な意見をこれから述べさせて頂きます。

先に結論を申し上げると、本章のタイトルの通りです。

プレミアムフライデーの制度を導入できるのは一部の企業に留まるでしょう。
特にサービス業については導入が難しいと考えます。
また、月末というのは基本的に忙しく、現実味があまりありません。

そもそもの話ですが、プレミアムフライデーを導入する前に
有給休暇の消化率を上げるための工夫を凝らすのが先ではないでしょうか。
有給休暇すらまともに取得できていないような従業員が
15時に仕事を切り上げて帰宅できるなんてことは無いと思います。

せめてフレックス勤務制度の導入を促すべきではないかと思います。

また、促されるとされている個人消費ですが、私はそこまで増加しないと予想します。
経済の先行きが不透明で且つ超低金利も影響し、個々人の財布の紐は
今やキツく縛られているような状態です。

所得が増えている訳でもありません。
ましてや15時に帰宅させられることによって給料が減額されるのは大反対です。
この状況下で個人消費が増えることがあるのでしょうか。

少なくとも私なら15時に会社を出てそのまま真っ直ぐ家に帰ります。
寄り道して無駄遣いする余裕なんてありません。

いつもより数時間早く帰宅できるからといって、旅行する人がそこまで増えますか?
海外旅行の需要が増えると言われていますが、果たして本当にそうでしょうか?
役所や銀行に行きたければ、フレックス制度や半休制度を利用すれば良いだけの話。

よって、個人的にプレミアムフライデーは期待とは裏腹に
あまり効果を発揮できないものだと考えています。

【参考】
月末金曜日をプレミアムフライデーに 消費底上げ目指す(NHK NEWS WEB)



人気ブログランキングへ
1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします(・ω・)
関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/105-d16485a6
該当の記事は見つかりませんでした。