もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

休眠預金活用法が成立 国が国民の財産を吸い上げる

普段からニュースに耳を傾ける・読むように意識していますが、
12月2日に休眠預金活用法が成立したニュースは個人的に衝撃的でした。

そこまで詳しくは理解出来ていないかもしれませんが、
これって要するに国民の財産を国が吸い上げるということですよね。
この休眠預金活用法を成立させた国に対する不信感は拭えません。

ちょっとだけ詳しく書いてみます。


休眠預金活用法の具体的な中身については、ここではそこまで触れないことにします。
丁寧に解説してくれているサイトがたくさんありますので、
そちらを参考にして頂ければと思います。
※この記事の最後にもニュースの参考記事を1つリンクさせて頂きました。

冒頭でも言いましたが、この法案は国が国民の財産を吸い上げるためにあり、
年間500億円程度を貧困対策や若者支援などに充てるようにするとのことです。
施行は1年半以内とされており、それまでに具体的な事業計画の策定や
取り組み方法の検討を行う見込みです。

最終的には預金者が申請すれば全額返金されるみたいですが・・・

それにしてもですよ。
国民の眠っている財産を国が勝手に使うという発想が私は心配です。

この法案に関して個人的に気になっている点はズバリ2つです!

1.返金申請後に戻ってきた預金への利子付与について

  仮に自分の休眠預金1,000万円が国に使われたとします。
  1年後に返金申請を行い、1,000万円全額を返してもらう訳ですが、
  その際返金額に1年分の利子が付与されるのかということです。

  もし普通預金口座に預けていたとして、その利子が年率0.001%だった場合、
  そのまま預けていれば1年間で100円が付与されていたことになります。
  この100円の取り扱いをどうするのか、大した金額ではないでしょうが、
  付与されなければそれは損をしたことになりますよね。

2.休眠預金が悪用される可能性

  休眠預金活用法では、国民の休眠預金をNPO法人や
  各種団体に貸し付けて運用するとのこと。
  そしてこれら団体は公募により選定するみたいですが、我々の財産を
  どのように取り扱ったのか等、国民に対する情報開示等を通して
  いかに透明性を保てるかが課題となりそうです。

とにかく私が今出来ることは、しばらくの間眠ってしまっている
銀行口座が無いか確認し、もし存在するようであれば
預金をすべて引き出して口座を解約することかなと。

大学時代に遠く離れた東北の地で開設した普通口座が確か残ってた気がします。
あと、しばらーく使っていないゆうちょ銀行の口座。
もう5年以上は取引が無かったような・・・

みなさんも今のうちに大切な財産を取引のある口座へ移してはいかがでしょうか。

参考:「休眠預金活用法」が可決、成立 休眠口座を作らないためには(All About NEWS)



人気ブログランキングへ
1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします(・ω・)

関連記事

2 件のコメント

ゆ~てい 様からのコメント... ""
いざとなれば国は預金封鎖できるから、国が財政難に陥ったら国民の個人資産を使って借金返済に充てるつもりだ、とかまことしやかに囁かれていますね。

これは極論でしょうが、自分のお金に対してはきちんと自分でマネジメントしなければならない時代になりつつあるのかな、とも思えます。
2016.12.05 23:13 | URL | #- [edit]
もっそ 様からのコメント... "Re: タイトルなし"
*ゆ〜ていさん
マスコミも少々大げさに報道している感じは否めませんよね。
実はこの休眠預金活用法の成立をきっかけに、国民に眠っている口座の預金を引き出してもらい、
「あれ?こんなにお金貯まってたんだ。ちょっとぐらい使うか^^」という形での消費増加を
期待している部分もあるのかなーなんて考えていました。

いずれにしろ、お金の自己管理は大事ですね!私もまだまだ管理が甘いです(^^;
2016.12.05 23:22 | URL | #- [edit]

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/120-e9d13792
該当の記事は見つかりませんでした。