もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

5年分の悲しみ

3/11は忘れてはいけない日。

東日本大震災から5年の月日が経ちました。

地元が宮城県のため、私も被災者の1人ではありますが、
幸いなことに親族や友人を亡くすことはありませんでした。

14:46には会社で黙祷を捧げました。
夕方のテレビニュースでも、都内のあちこちで黙祷が捧げられている様子が映りました。
電車やバスも止まって黙祷していたと聞くと、胸がいっぱいになります。

しかし、ツイッターで「黙祷なう」と呟いている人たちは"ちょっと違うよな"と感じました。
偏見かもしれませんが、3/11を"黙祷イベント"と勘違いしている輩もいるのでしょう。
亡くなった方々に対して大変失礼だと思います。

もし自分の大切な人が震災で亡くなったら・・・

そんなことを想像しないのでしょうか。

この5年間、大切な人を亡くされた方々の気持ちは
想像し難いほどに深い悲しみで溢れているはずです。

それでもみんな生きようとするんですよね。

5年前、震災の1ヶ月後に参加した石巻のボランティア活動で、
荒れ果てた大地を目の当たりにして戸惑っていた私たちを気遣ってか、
津波で妻を亡くした40代の男性が終始笑顔で話し掛けてくれ、
溝の汚泥かきをしている姿を見て衝撃を受けました。

なぜ、この人は笑っていられるのだろうか。

その人は、悲しい気持ちばかりを抱いていたのでは、何も変わらないと分かっていたようです。

本当に"強い"人でした。

私もそんな"強い"人間になりたいものです。


備えあれば憂いなし。
東日本大震災を大切な教訓として捉え、出来る限りの防災に努めましょう。

震災で亡くなった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/13-d306d748
該当の記事は見つかりませんでした。