もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

会社の人間関係において一線を引く理由

会社勤めされている場合は経験されている方が多いと思うのですが、
会社とプライベートの人間関係に一線を引いているということはありませんか?

私自身、会社における人間関係とプライベートにおける人間関係との間で
結構はっきりと一線を引いているタイプの人間です。

今日はそんな「人間関係に一線を引く」ことに関してお話したいと思います。

どうやって一線を引くのか、そしてなぜ一線を引くのか等について
私の経験に基づいて書いていきます。


会社の人間関係に一線を引く理由

まずはじめに、全員が同じように感じていないのは承知していますが、
私のように会社における人間関係がストレスだと感じている人の
主観でお話させて頂くことを予めご了承ください。

私は特にここ最近、結婚してお金のことについて真剣に考えるようになってから
改めて会社とプライベートの人間関係を分けるようにしています。

冷たい人間だと思われる方も多いとは思いますが、
はっきり言うと1つ目の理由は会社での人付き合いにメリットを感じないからです。


会社の人間関係をプライベートに持ち込んでしまうと何が起きるのか。


毎日嫌な思いをしてストレスを溜めながら1週間会社へ通い、待ちに待った週末に
家族と一緒に過ごしたり趣味のドライブへ出かけたり読書をしたり。

そんなライフサイクルを通して何とかモチベーションを保っているのに、
「今度の土曜日に釣りしない?」とか「週末にゴルフしようよ」なんて言われたら
週5以上でストレスフルな日を過ごさないといけません。

これは週末に限った話ではありません。
例えば「会社の帰りに軽く飲みに行こうよ」というお誘いは
私にとってストレスが倍増する要因になるだけです。

会社の人間とオフを一緒に過ごすことによってストレスを解消出来るはずはなく、
むしろ逆にストレスを増やすことになるのでメリットを全く感じません。
そして飲みながら話すのはほとんどがどうでもいい女の話。

3時間ぐらい拘束されるので、時給を1,500円だとすると
4,500円以上お金をくれるなら・・・

いや、仮に4,500円貰えたとしても行きたくはないですね。


2つ目の理由は家族の巻き込みです。

プライベートで会社の人間とお付き合いするようになると、
自然と「今度は奥さんや子どもも一緒に」という流れになることは想像し易いです。

自分の家族が勤める会社の人間と交流を持ったところで、
正直私にはメリットを感じることが出来ません。

身近でよく聞くのが家族ぐるみのバーベキューやキャンプです。

現地に行っても結局気を遣いっぱなしで何も楽しくはないですし、
極端な話そこに行くまでの交通費やお酒代を払うのも嫌です。

妻が同じような感情を抱いている以上、巻き込むようなことはしたくないです。


会社の人間関係をプライベートに持ち込まない方法

私が実践している・していたのは至ってシンプルな方法です。

まず、趣味の話を極力控えるようにします。
特にゴルフ、釣り、野球は危険です。

次に、普段から予定がたくさんあって忙しいというイメージを植え付けます。
家族サービスや実家への帰省、友人付き合いなど何でも良いので
とにかく「すみません、先約が〜」と言って逃げます。

独身だった頃は合コンを理由にして上手くかわすことが多々ありました。
うちの会社だけかもしれませんが、「女なら仕方ねぇな」と
なぜか諦めてくれる人が多かったです。

最後に、小さな子どもがいれば育児を理由にできます。
これは実際に子どもが生まれたら次に私が実践しようとしている手法です。


人付き合いから生じる仕事への悪影響を最小化するコツ

とは言うものの、こうしたお誘いからの"逃げ"というのは
仕事においてマイナスの影響をもたらすこともあるでしょう。

プライベートな事情を職場に持ち込むのはあまり良くないと考えていますが、
お誘いを断り続けた代償として仕事の頼みを聞いてくれなかったり
無視されたりすることがあるかもしれません。

そうならないように、職場においてはもう一人の自分を演じると良いです。

私の場合、職場の人間とはものすごくフレンドリーに接するようにしています。
年上年下関係なく、誰とも分け隔てなくとびっきりの笑顔を見せながら
元気ハツラツと仕事をするようにしています。

こうすることによって、どれだけプライベートな誘いを断っていたとしても
「仕事上のもっそはすごく良い奴」というレッテルを同僚が貼ってくれます。

でも裏を返せば、結構無理をしています。

何を言われてもグッと堪えて笑顔を振り撒き、もちろん喧嘩なんてしません。
だからその分周囲の同僚よりもストレスを溜め込んでいるのかもしれません。

でもオフに会社の人と一緒に時間を過ごすぐらいなら、
これぐらい全然やりますし、やれます。

ただ、ある日突然自分のキャラが変わってしまうと不自然なので、
次の職場へ異動になってからチャレンジするか、ある程度の時間をかけて
じわじわともう一人の自分を形成するのが良いかと思います。


最後に

「人付き合いは人間の数だけある」と言っても不思議ではなく、
非常にさまざまなパターンがあるかと思います。

私自身何が正解なのか知る由もありませんが、私と同じように感じ、
会社の人間関係に一線を引きたいと思っている人間がいるのも事実です。

そうした人間も居るのだということを
特に会社の上司たちには認識して欲しいものです。



人気ブログランキングへ
1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします(・ω・)
関連記事

4 件のコメント

まさまさ 様からのコメント... "あけましておめでとうございます"
こんにちわ!

仕事上での付き合いの苦労お察しします。。。

短い間ですが会社に入ってわかったことは、人との付き合い方を学生のころから比べると大きく変更しなければいけない点です。
それまでとは別の自分を作らないといけないため、非常に厄介ですね
上司、同僚、会社の人間には気を使わないとやっていけないですから((+_+))

私は在宅ワーカーで付き合いというのはほとんどなく人に気を使うのを忘れそうです!笑
しかし、稼ぎがその分少ないので「趣味=仕事」となってきているのが不安です
2017.01.11 14:53 | URL | #- [edit]
もっそ 様からのコメント... "*まさまささん"
こちらこそ本年もよろしくお願いします^^
まさまささんは在宅ワーカーなんですね!
趣味を仕事に出来たらどんなに楽しいかとずっと思っていましたが、
在宅ワーカーの方も諸事情あって悩みポイントがあるんですね・・

収入が欲しけりゃ苦しい思いをせないかんのですなぁ〜。
楽して稼げたら世の中回らないですもんねw
2017.01.11 22:46 | URL | #- [edit]
友幸 様からのコメント... "こんばんは"
そんなので楽しいんですか?生きたいように生きればいいじゃないでしょですか。十人十色ってそういう事でしょ。
2017.02.16 19:46 | URL | #0PvZcbJM [edit]
もっそ 様からのコメント... "*友幸さん"
コメントありがとうございます。

はい、私はこれで十分楽しいです。
楽しいというか、逆に会社の人間と関わるのが楽しくないんです。
一言で言うと、「会社の人間と関わったところで何もプラスにならない」ですかね〜。

これでも生きたいように生きているつもりです。
2017.02.16 22:14 | URL | #- [edit]

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/145-064e1392
該当の記事は見つかりませんでした。