もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

カフェチェーン店のコーヒーは値段が高過ぎる

2016年度JCSI(日本版顧客満足度指数)によると、カフェ業界では
ドトールがスターバックス(以下「スタバ」)を上回っているみたいですね。

チェーン店の中であれば、味の面で私はもっぱらタリーズ派なのですが、
タリーズの価格帯が高いところに設定されていることに加え、
Wi-Fi環境が整っているという理由から利用する際はスタバに行きます。

最近はタリーズも無料Wi-Fiを導入し始めていますけどね。
ぜひとも頑張ってWi-Fi環境の整備を加速して頂きたいものです。


スタバやドトールなどのカフェにはついつい足を運んでしまいがちですが、
冷静に考えるとこれらカフェチェーン店のコーヒー1杯の価格が驚くほどに高いです。

ちょっと比較してみようと思います。

まずはコーヒー。


《スタバ》
ドリップコーヒー Tall 1杯320円

《ドトール》
ブレンドコーヒー Mサイズ 1杯270円

《タリーズ》
本日のコーヒー Tall 1杯370円


ドトールとタリーズでは、コーヒー1杯になんと100円の差がつきます。

次に私の大好きなカフェモカ。


《スタバ》
カフェモカ Tall 1杯440円

《ドトール》
カフェモカ Mサイズ 1杯380円

《タリーズ》
カフェモカ Tall 1杯480円


これまたドトールとタリーズで100円差。スタバはその中間値ですね。

コーヒー1杯の原価はだいたい50円程度だと聞いたことがあります。
これを前提にすると、スタバのドリップコーヒーは原価の6.4倍の価格で
販売されていることになります。

もちろんばらつきはありますが、飲食業界の原価率は40%台のところが多く、
それと比べるとコーヒー1杯の原価率がいかに低いかが分かります。


一方で、スーパーで売られているインスタントコーヒーはどうでしょう。

私のお気に入り、MAXIMの「ちょっと贅沢な珈琲店モカブレンド」を例に挙げます。


IMG_1129.jpg


近くのスーパーにて350円ほどで購入しました。

70gで35杯分あるみたいです。
ちょっと多過ぎる気もしますので、25杯分にして計算してみます。

そうすると、


1杯14円という結果になりました。


これを見てしまうと、その25倍もの値段のするコーヒーを
カフェで飲むことに抵抗を感じてしまいます。

原価の5倍〜6倍以上の価格で販売されるコーヒーをわざわざカフェで飲むのか。

家で1杯14円で飲めるコーヒーをわざわざカフェで飲むのか。

このような視点で物事を捉え、賢い選択をしていきたいものです。



人気ブログランキングへ
1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします(・ω・)

関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/167-2f799378
該当の記事は見つかりませんでした。