もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

テコ入れしない方が仕事のモチベーションを維持できる?

以前からこのブログでは、
職場における社員のモチベーションについて何度か取り上げてきました。

過去の参考記事:
ボトムアップの作業をトップダウンにしてはいけない
年功序列を敷いている会社では給与の開示は逆効果?

そして最近、新たに気付いたことがあったので記事に起こしてみます。

タイトルにある通り、


変なテコ入れをしない方が社員のモチベーションを維持できるのではないか?


ということに気付いたのです。

728714.jpg

やはり結局はお金が欲しい

働く上でのモチベーションといえば、やはりインセンティブ、つまりご褒美的な報酬給与アップが一番強烈なインパクトを与えてくれるのは間違いありません。額面にもよりますが、インセンティブがあれば大抵の人は頑張ろうと思うものです。

現在私が勤めている会社では、インセンティブを与えずに社員の仕事に対するモチベーションを引き上げるにはどうすればいいのかを模索しており、最初の取り組みとして小集団による自主的なモチベーション向上活動を展開しています。

しかし、これが難航しています。

インセンティブが出ないことに加え、特に評価されるわけでもないこの小集団活動に力を注ぐことに社員からはかなりの抵抗が生まれているのです。今までに無かった活動を展開するということは、その分やることが増えているということであり、客観的に見れば負荷が増加しているわけです。この状況下では、お金が懐に入ってこないと満足感は生まれません。


実施条件によっては逆効果か

モチベーションを引き上げるための小集団活動ですが、残業規制を敷いている今の状況においては逆効果になりえます。

ただでさえ時間に追われているのに、就業時間内にインセンティブも出なければ評価にも繋がらないタスクをこなさないといけないのですから、そりゃモチベーションが上がるはずがないです。

また、何が一番大変かというと、どうすれば自分たちのモチベーションが上がるのかを 自 分 た ち で模索し、行動計画を作り、実施するというところなのです。経営層に道筋を立ててもらって動くのではなく、あくまでも全て自主的な活動なので、どうすればいいのか分からず路頭に迷い、結局活動が疎かになってしまっている小集団がほとんどです。

私が成り行きで代表を務めることになった小集団もその1つで、今や活動は完全に凍結してしまっています。活動の代替案を考えてはいるのですが、その過程で気付いたのです。


この小集団活動を実施すること自体がみんなの負担になっている、と。


経営層がこの小集団活動をより活性化しようと推進していますが、こんなことをしていたのでは逆にモチベーションが下がってしまうと私は懸念しています。社員が嫌々言いながら活動に何とか参加しているような状況ですし、ストレスでしかありません。小集団活動の話をみんなに振ると途端に場の空気が重くなるのです。

今のこの状況に耐えきれなくなり、上司にありのままを伝えようと思っています。どうせ4月から部署異動だし、自分が不利益を被らずにできる残されたみんなへの最後の恩返しです。笑


モチベーションの維持・向上は本当に難しい課題です。

また新しい話題があれば提供して参ります。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします(・ω・)
関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/189-acdd4edb
該当の記事は見つかりませんでした。