もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

おトクと無駄遣いは紙一重

スーパーをはじめ、薬局や家電量販店などで「お買い得」という言葉をよく見かけますよね?1個なら98円の品物が、例えば3個まとめて買うと250円!なんていうのは特によく見かける売りテクニックです。その他、「30%OFFセール」といって余り物を売り切る戦略など。


このおトクというやつ。

本当におトクなのでしょうか?


捉え方と行動によっては、おトクな買い物はただの無駄遣いになり得るということにあなたは気付いていますか?

今日はおトクの考え方についてお話します。

   729228.jpg


お店側には、商品をお買い得にする理由があるはずだ

スーパーでよく見かけるまとめ買いによる値引きや、洋服店に行くと結構な頻度で実施されている30%や50%OFFセールなんかは、なぜ行なわれているか考えたことがありますか?私は小売店業界に勤めている人間ではないので確かなことは言えませんが、疑い深い性格がこのような裏事情を暴こうとするのです。

一般的に考えれば、値引きをするのはその商品を何としてでも売り切りたいからか、他者との競合に打ち勝ちたいからですよね?このような理由がない限りは、もちろん極力高い値段で売ろうとします。ただ、なかなかそう上手くはいかないので、ある時点で値引きせざるを得なくなってしまいます。

値引きをしているということは、実は商売がそこまで上手く行っておらず、仕方なしにやっていることがほとんどです。スーパーに置かれている生食品が時間の経過と共に値引きされていくのは、賞味期限を迎えて処分する前に売り切りたいからです。また、大幅な値引きが実施される場合は、基本的に元値(定価)が高く設定され過ぎていたからだと私は思っています。

値引きされておトクになっている商品には、このような事情が纏わり付いているということをまずは認識すべきかもしれません。


その商品、本当に必要ですか?

おトクだと聞くと、思わずその商品に飛びつきたくなるものです。個別株もまさに一緒ですよね。将来予想される業績に対して現時点の株価が安いと分かれば飛びつきたくなります。

ただ、すぐに飛びついてはいけません。

その商品は本当に必要なもので、例えお買い得になっていなかったとしても買っていたものですか?と自分に聞いてみてください。そうすると、大きな割合で「いや、別に買う必要はないかも」という答えが導き出せるはずです。


よく陥りやすいのが、薬局やスーパーでの買い物においてです。例えば1人暮らしのサラリーマンがトマトを買おうとしたところ、バラだと1個98円のものが6個入った箱で買うと498円ではありませんか!これは迷わず買いだ!と思い購入しますが、結局忙しくて自炊する暇が無く、6個のうち4個のトマトは腐らせて無駄にしてしまいました。

これと似たパターンもあります。

先ほどご紹介したように6個入りのトマトを購入し、帰宅したとします。賞味期限5日以内に消費しようと、普段は別に食事の量・質共に困っていなかったのに、無理やり6個のトマトを消費しました。


これって本当におトクなのでしょうか?

私にはただの無駄遣いにしか思えません。


このように、おトクだと思って買っているものが実はおトクではなく、ただの無駄遣いになっていることがしばしばあります。私は自分の資産を管理するようになってから、ある日これらの行動に「はっ!」と気付き、以来本当におトクな買い物しかしないようになりました。


値引き時に買うべきおトクな商品とは?

では、値引きされた商品のうち、本当におトクな商品とは何なのかを少し考えてみたいと思います。私が考える本当におトクな商品は以下の通りです。


チェックマークのアイコン素材 8 値引きされなかったとしても購入しようと検討していたもの

チェックマークのアイコン素材 8 生活必需品


スバリこの2つです。

元々欲しくて購入を検討していた商品が値引きされたら迷わず買うべきでしょう。いやいや、原価率の計算も一応してから購入に踏み切るべきでは?との見方も出来ますが、そんなことまで考え始めたらキリが無いですし疲れますので、買いましょう!

生活必需品というのは、例えば洗濯用洗剤や制汗剤など、長期保有が可能でいずれ必ず使用するものを指します。このような商品ならまとめ買いする価値があると私は考えています。私はこの手法を取っているため、月毎の日常用品にかかっている費用にある程度のバラつきが発生しています。

無駄遣いをしないように!と考えていたら、「本日限りアイス1個88円」の値札広告には引っかからないようになりました。笑


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします(・ω・)
関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/193-6765c848
該当の記事は見つかりませんでした。