もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

インデックス投資を一旦解約 NISA口座で再積み立て

こんばんは、来週いっぱいで衣替えだなんて到底信じられないもっそです。

寒すぎます。


さて、突然ではありますが、半年間積み立てていたインデックス投資ファンドを思い切って解約しました!←

604641.jpg

理由は記事タイトルにある通りで、NISA口座で新たに積み立て始めるためです。NISAという制度自体が一応期間限定ではあるものの、将来的に期限が延長されたり、願わくば恒久化してくれることへの期待を込めての引っ越しとなります。

引っ越しと言っても、保有ファンドを他証券会社のNISA口座へ移すのではなく、利益が出ていたのですべて一旦解約することにしました。保有ファンドを解約せずに入出庫させる(引っ越そうとする)と、1ファンドあたり3,240円(税込)かかってしまうのを嫌っての行動です。ファンドの入出庫についてはこちらに記載があります。


今回の解約については結構悩みました。

普段使用している証券口座は主に2つで、NISAは何も知らなかった時代にSBI証券で設置し、個別株を少々買ったり国内債券ファンドを運用していました。一方で、使い勝手の良さから2016年後半は楽天証券の特定口座で個別株やらその他複数のインデックスファンドを運用していました。

当時は「インデックスファンドは長いこと保有し続けるから、利確する頃にはNISAなんてとっくに無くなっているはず。だから楽天証券の特定口座で運用してもいいじゃないか。むしろ、SBIのNISA枠を余らせておいて、短期で発生する個別株の売買益や配当金が入るようにした方がきっとお得だ」と考えていました。

しかし、NISAの期限延長や恒久化といった希望的観測が多い事実を知り、私自身それに乗っかろうと決めたのです。冷静に考えると、どんなに短くても数年〜5年程度は年間利益20万円超えを達成する事はないと思うのです。つまり課税対象にならない。

ということは、楽天証券の特定口座で個別株を売買し、優待&配当目的の銘柄購入に加えインデックスファンドの運用はNISAで実施すれば良いという結論に至りました。


ちなみに。

今回の解約による利益は2,587円でした。

タイミング悪く日経平均が400円ほど下落した日の基準価格で約定されたんですよね〜。1,500円ほど逃してしまいましたが、プラスで売ることができたので良しとします。

この段階で方向転換できたので良かったと自分では思っています。もうしばらく経ってしまっていたら、おそらく今回のような決断はできなかったでしょう。

ひとまずNISA口座の方でこれから再積み立てを始めていきますが、今までよりも少々的を絞って投資していきたいと思います。外国債券やリートは外すつもりです。外国株式と新興国債券に加えて国内株式を少々といった感じで考えています。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします(・ω・)

関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/194-82b68115
該当の記事は見つかりませんでした。