もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

直感的に株価が上がると感じた銘柄が値上がっている

色々とああでもないこうでもないと頭を抱えながら様々な書物や記事を読んでは嘆いていますが、冷静に振り返ってみると過去において直感的に「お、ここ上がるんじゃない・・?」と感じた銘柄が割と値上がっていたりするものです。

例えばアバールデータ。

実はちょうど1年前にこんな記事を書いていました。
銘柄分析【6918】アバールデータ

投資の勉強を始めた直後にしてはなかなか良い出来の記事なのでは?と自惚れていると気持ち悪いので解説はしませんが笑、当時750円程度しかなかったアバールデータが今や2,100円です。


3倍ですね。


773359.jpg

↑すごく気味の悪いイラストですが、本当にこんな顔をしたくなる思いです。

あの時買っていれば今頃100株で13万円の利益があったのか・・なんて考えるとキリが無いのでこれ以上は言いませんが、これがリアルですね。

以前からホールド&リリースをしているヘリオステクノHDもそうで、株価750円までは上がる!と思って600円辺りで買ったは良いがそのあと下落に転じ、耐え切れずに手放してしまいました。ところが、先日の決算を受けて同銘柄は本日ストップ高をつけ、751円で引けました。


・・・自分の予想当たってるやん


チキンな私は怖くて決算直後に手をつけられないので、今日は指をくわえてストップ高になる瞬間を喫煙所で目の当たりにしました。


他に身近で勢いを感じていた銘柄では、ウエルシアやカワチ薬品、しまむら、SUBARU(富士重)あたり。どれもすごい勢いで株価が上昇しました。

アベノミクス効果とやらが起因したのもあるかとは思いますが、先日書いた記事からも読み取れるように、ある程度長期的に銘柄を保有する勇気を持つのは大切なのかもしれません。特にサラリーマンをやっていると細かい売買をするには無理がありますしね。

ただ一方で、大ハズレだった銘柄ももちろんあります。例えばですがFRONTEOやタカラレーベン。この辺は完全に読み違えていたということになります。長期投資を前提にする場合は多少のナンピンも施したいので、やはり資金を分散して投資するためにもS株から始めるのが良いかもしれません。

昔はPERが低ければ良い!と、とんだ勘違いをしていたため、必然的に不動産関連銘柄への投資が多くなっていました。今振り返ればあれは非常に良い経験になっています。


ちょっと話が逸れましたが、要するに身近で成長を感じる銘柄や直感的に業績が伸びると感じた銘柄は、案外自分の予想通りに値上がってくれることも多いのではないかと感じた次第です。

そのような銘柄を試しに1つ2つ購入してみるのもアリかもしれません。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします(・ω・)

関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/218-f2d2c062
該当の記事は見つかりませんでした。