もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

電話は時間の有効活用と仕事の能率を妨げる

以下、ホリエモンこと堀江貴文氏による記事を読み、すごく共感することができました。私が日頃抱いていたストレスの種を1つ代弁してくれるような内容に仕上がっていて正直驚きました。

堀江貴文氏「電話してくる人とは仕事するな」(東洋経済ONLINE)

087095.jpg

ヤフコメを見ると批判的なコメントばかりですが、きっとこの人たちはサラリーマンとして働いた経験が無いのでしょう。堀江氏の言う通り、電話による作業の中断は仕事の効率を大きく下げる要因の1つです。例えばExcelでIF関数を組み込んでいる最中にかかって来る電話は意地でも出たくないことがあります。

ワクワクしない時間を減らすことによって自分の人生を豊かにするという論調に関しても納得できます。私の場合は仕事でワクワクすることが一切無いので、家を出てから帰って来るまでの時間が苦痛以外の何物でもありません。だから一刻も早く仕事を切り上げることを目標にしています。

電話をかけたのに相手が居なければ、そこでまず時間のロスが発生します。案件がたくさん仕掛かっていると、その人にあとでもう一度電話することを忘れてしまったりすることもあるのではないでしょうか。

堀江氏同様に、チャットまではいかなくとも、私の場合はメールで済ませることが多いです。相談事やディスカッションはもちろんFace to Faceで実施しますが、連絡事項やお願い事はメールでパパッと済ませて次の仕事へ移ります。こうすることで結構な時短になります。

「直接話さないなんて失礼な奴だな」と言う上司は私の会社にたくさん居るので結構やりづらいですが、堀江氏同様、仕事の効率を優先するならメールのようなコミュニケーションツールを使った方が遥かに高いレベルで行動できるという思いを私は常に抱いて仕事をしています。

もちろん電話した方が早く片付く仕事もありますよね。それこそが相談事やディスカッションです。この類の仕事はメールで文字を打っている時間がもったいないので、予めオンラインカレンダーで先方のスケジュールを確認した上で電話をかけます。

余談になりますが、オンラインカレンダーという便利なツールがあるにも関わらず、自分の予定を一切入れないバカが結構多いです。1日1分もあれば予定なんて入れられるのに、それをやらないことによって時間をロスしている人がいることを知って欲しいものです。


堀江氏の記事には多少過激な表現も含まれており、「んん?ちょっと言い過ぎかな?」と思う部分もありますが、大筋は強く共感できます。

ちなみに私が今抱いているもう1つのビジョンとして、会議のオンライン化があります。なぜ1時間も満員電車に揺られて都内のオフィスまで通わないといけないのか。会議なんて平均したら1日1〜2時間程度しかなく、あとはパソコンがあれば仕事できるのにですよ。通勤時間もお金も無駄過ぎる。

上司の評価方法など課題は残りますが、基本的には在宅勤務にし、必要時にオンラインツールを使って会議を実施、またはチャットなどで連絡をし合う環境に早くならないかな〜と常々思っています。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします(・ω・)
関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/227-b345d373
該当の記事は見つかりませんでした。