もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

投資初心者には少々手強い?すかいらーくを一旦売却

優待の権利確定日まで2週間と迫る中、私のポートフォリオにおいて個別株で大きなポーションを占めていたすかいらーくが不穏な動きを見せています。

優待狙いの個人投資家が多く集まる銘柄の特徴として、権利確定日の1週間から数日前にかけてと、権利確定日の翌日に株価がある程度下落する傾向があるのはよく知れた話ですが、すかいらーくは権利確定日の2週間前にして大きな下落を見せ始めました。

スクリーンショット 2017-06-15
すかいらーく日足チャート(SBI証券より)


ちらつくベインキャピタルの保有株売り出し

本日6月15日の終値1,719円をベースに考えてみると、100株の保有で優待券6,000円分は優待利回り約3.5%にあたりますし、予想される配当金も含めると合計利回りは5.8%ほどありますので、まだ割安感はあるのではないかと思います。

ただ、この銘柄はベインキャピタルの資金移動で前々から話題に上がっており、このブログでも2回ほどその話を取り上げています。ベインキャピタルは先日、東芝の半導体事業買収にも手を挙げており、ますます資金移動に滑車がかかるのではないかとの憶測もあります。

・・・と、この記事を書いていたのが6月14日で、翌日にあたる今日6月15日に仕上げようと思っていたところ、なんと17時にすかいらーくからまたしてもベインキャピタルによる株式の売却に関する通知が出されました。権利確定日前に仕込んできましたね。

優待目的で底値を狙っている個人投資家がまだ大勢いるでしょうから、権利確定日後の値下がりはあまり無いのではないかと思う一方で、ベインキャピタルの一件があるのでしばらくは上値も重いのではないかと勝手に考えています。また、この銘柄に15万円程注ぎ込んでおりましたが、資金が無い私にとっては結構な金額になるので、他の銘柄で経験を積むためにも一旦手放すことにしました。

売りのタイミングがやや遅れましたが、2日前に1,738円で脱出です。今までで一番大きな利益を出すことができましたが、複雑な背景を抱えるこの銘柄は、投資初心者の私には少々ハードルが高いのかもしれません。


一旦脱出するが、今後も動きを注視

冷静に考えてみれば、年間6,000円分の食事券は魅力的ですが、現にガストで食事することがほとんど無いので私には無駄な優待券なのかもしれません。普段使用するスーパーの割引券やお気に入りメーカーの買い物券等の方が私にとっては価値があるので、そういった観点からも手放すことにしました。

結果的に3年分の食事券(配当金も含めれば約2年分)に相当する利益を得ることが出来たのでまずはOKとします。

しかしながら、優待の力によって底値もある程度は堅いと見ていますので、ベインキャピタルを含めた大口投資家の動きや優待の動向(改悪になる可能性もあり?)を見ながら、場合によっては再度参戦するかもしれません。一旦は忘れて他の銘柄を探してみようと思います。

すかいらーくの売却により、2016年に叩き出した損失をほぼチャラにできそうです。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします(・ω・)
関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/230-e68efd8f
該当の記事は見つかりませんでした。