もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

雑誌やニュースで推奨されている銘柄をそのまま買うのは危険?

長らく株式投資をしている人には当たり前のことでしょうが、雑誌やニュースで紹介されている推奨銘柄をそのまま買うのは非常に危険だと考えます。株式投資の初心者は特にこの罠に陥りやすいのではないでしょうか。

私自身がそうでしたが、最初はさまざまな投資本やネット記事を読み漁り、投資の基本を覚えようとします。次第にPERやPBRを理解し、チャートの読み方や簡単なテクニカル指標を理解し、ファンダメンタル分析の基本的事項も理解できるようになります。

もう一歩踏み込んだ中級者用の書物を読んでいると、今度は市場の大衆心理や空売りを使ったトリッキーな投資手法、各企業のさまざまな事情による各種施策の真意を何となくですが知るようになります。

794697.jpg


しかし、いつまで経っても身につかず上手く行かないことがあります。


「銘柄選び」ではないでしょうか。


あーどうしよう、上手くいかないなー。どうやって銘柄選びをしたら良いのか分からないなー。と思っていると、雑誌コーナーに置かれている「推奨銘柄100選」や「四季報先取りお勧め銘柄」なる書物を見つけ、それに助けを請うタイミングがやってきます。

もうどうしたら良いのか分からなくなっている状態なので、推奨されている銘柄を何の疑いもなく試しに買ってしまうんですよね。でもこれが大体失敗するのではないでしょうか。

失敗すると言っても、目先の株価が大きく下がり、その先じっと我慢して待っていればまた騰がる銘柄が多い印象を受けます。これはきっと、雑誌で取り上げられている時点で株価が天井に近い場合がほとんどだからではないでしょうか。また、大衆の目に晒されている時点でその銘柄の「お宝要素」はほとんど無いに等しいのではないかと思います。株価の上昇要素は既に株価に織り込み済みだということです。

株価の暴騰で恩恵を受けたいのなら、大衆の目に銘柄が晒されたりニュースで好材料が発表される前に仕込んでおかないといけませんよね。でもそれができていない時点で大きな儲けは期待できないと考えます。

むしろ、雑誌を見て高値を掴まされた個人投資家を嘲笑うかのように大口投資家がここぞとばかりに売りの攻勢を仕掛けるのではないでしょうか。大きな売りを仕掛け、個人投資家が耐え切れずに損切りでどんどんドロップアウトしていき、ある程度割安感が戻ったところでまた買いが入る。

加えて、よく聞く話として雑誌の編集をしている人間が無理やり推奨としている銘柄がいくつかあるとか。理由もよう分からんのに、ノルマとなっているページ数を稼ぐために掲載することもあるみたいですね。これぞまさにトラップ!


どんな形であれ、自分で考えて購入すべし

じゃあどうすれば良いのか。

私もまだまだ修行が足りない身ですが、なぜその銘柄が推奨されているのかを確認すべきです。本当に割安なのか、それとも実は割高なのか。一方で今後予想される会社の業績はどうなのか、優待の改良や増配はありそうなのかなど、株価の上昇要素となり得る事項を自分で調べるしかありません。

自分で考えて分析しないと、株価が上がったり下がったりした際にその理由を突き止めることができなくなり、何の進歩にもなりません。

本日は初心者向け(とか言う私もまだだいぶ初心者ですが笑)の記事になりました。推奨銘柄が掲載された雑誌を見て買うんだ!という方を止めるつもりはありませんが、自分で銘柄分析をしてから購入を決めた方がより良い結果を出せるでしょう。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします(・ω・)
関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/234-b0d11686
該当の記事は見つかりませんでした。