もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

誤った金銭感覚は貧困の元

こんな記事を見つけました。

ユニクロも高くて買えない正社員OL。「実家を出たとたん、生活苦に…」(提供元:女子SPA!)

最近このような記事が増えてきている印象を受けます。格差社会だ貧困だと言って日本政府の社会福祉政策を煽っているような。そんなことをしているように私には見えます。

私の意見・主張は一貫しています。

以前書いた「貧困は自己責任、自業自得?(一部を除く)」でもご紹介しているように、貧困に陥る人のほとんどは自分に落ち度があるというのが私の意見です。

そして、今回取り上げる貧乏OLの記事もこれに該当します。


収入が少ないのなら見栄を張らずに家賃を下げよう

CCC9V9A9993_TP_V.jpg

手取り月収15万円で家賃6.5万円は感覚的にズレ過ぎています。

手取り月収20万円少々の私ですら、1LDKの間取りに妻と2人で住んでいます。駐車場代込みの家賃は会社の補助を効かせ且つ2人で折半しているので、1人あたり2.5万円です。この2.5万円ですら個人的には結構限界値に近いと感じています。3万円を超えてくるときついです、正直。

ただし、これは毎月5万円かそれ以上の貯金をする前提で考えた場合の話です。逆に、これぐらい貯金しないと将来が不安でたまらないし、まだまだこの貯金水準では足りないと感じています。このOLさんのように毎月1万円の貯金ではお話になりません。ここで既に感覚がおかしいです。

「毎月これだけの費用がかかるから貯金は1万円のみ」という考え方は大間違いで、本来はその逆であるべきです。「毎月これだけの貯金をするためには費用をこれぐらいに抑えないと」というように考えるべきなのです。

話を戻すと、1人暮らしならワンルームで十分だし、家賃も最大5万円以内に何とか収めようとしないとダメでしょう。それが難しいなら他の費用を削って予算を捻出する必要があります。

職場がどこかはハッキリと書いていませんが、仮に都内だとして、片道40分なら結構近い方です。私が今そうですが、片道40分はかなり近くて便利な方。もう20分ぐらい遠いところにすれば家賃も一段と下がるのではないでしょうか。それぐらいは我慢すべきです。

スマホ+水道光熱費で1.5万円もお金がかかり過ぎています。1人暮らしなら水道代は月2,000円程度、電気+ガスが月6,000円程度なのでこれで8,000円。残り7,000円がスマホ代ということですよね?格安SIMにすれば、これだけで毎月5,000円節約できます。


平日のランチ代は節約効果大

このブログでは、「平日のランチ 外食を控えるだけで抜群の節約効果あり!」と題した記事でサラリーマンのランチについても節約術を紹介しています。このOLさんにもぜひ読んで頂きたい。

ランチで1食1,000以上使っても余裕があるのは、独身で手取り月収が30万円以上あるような人です。手取り月収20万円強の私ですらランチにかけるお金はサラダの1食200円のみです。おにぎり持参で節約に励んでいます。

なのに、手取り月収15万円の人が1,000円のランチと500円のコンビニランチで持続できるはずがありません。よほど何か他の費用を削らない限りはかなり難しいと思いますよ。

このような感覚が無いというのが、いわゆる「金銭感覚が狂っている」ということなのです。


自業自得な貧困者が多い

何度も言いますが、貧困に陥る人のほとんどは将来に対する危機感が弱いです。

義務教育制度の下でマネーに関する知識を習得できていないという意味では日本国民全員が同じ土俵に立っているので、その中でも危機感をしっかりと抱いている人がいる以上は国の教育制度を言い訳にはできません。

このOLさんの場合、実家暮らしをしていた頃に「なるべくたくさん貯金しておかなきゃ!」と思わなかったことが危機感の無さを証明するには十分です。

同じ稼ぎなのに平気な顔をして1食1,000円のランチに出かける人と一緒にいるのは避けましょう。そういう人たちは金銭感覚が狂っていたり危機感を抱いていないことがほとんどなので、あなたも痛い目に遭います。月に1〜2回などたまには良いでしょうが、毎日そんなことをしているようでは破綻します。

「私は貧困に苦しんでいます」と言って記事に登場する人物は、基本的に金銭感覚が狂っていて自爆している人ばかりです。このような人たちの貧困は自業自得でしかありませんし、記事でそれを発信している自分の行為を恥ずべきです。ただの勉強不足です。

・・・という私も社会人3年目を迎えるまでは危機感を抱けず、全く貯金できていない一人でした。そんな一人だったからこそ、今こうして危機感を抱いていない方々に忠告しておきたいのです。痛い目に遭う前に自ら気づき、行動する必要があります。早ければ早いほどあなたにとってそれはメリットになります。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします(・ω・)
関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/246-7abe63f4
該当の記事は見つかりませんでした。