もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

資本主義制度下で格差が生じて何が悪い

先日、とあるテレビ番組でアメリカの格差社会について取り上げているコーナーがあり、「自分たちの払った税金が貧困層に使われるのは御免だ」と言って富裕層が群から独立して自分たちの市を設立してしまうということが起きているとの説明がありました。

それに対して、頭の中がお花畑なんだろうなって感じの若い女性(名前は忘れました)が「貧しくて困っている人たちがいるのに、富裕層は自分たちさえ良ければそれでいいんだね」的な発言をしたのですが、私は正直この一言にカチンと来てしまいました。


アメリカの富裕層が独立して作った市

アメリカで一部の富裕層が自分たちの税金の使い道に納得がいかず市を作ったというのは本当の話みたいです。恥ずかしながら私も先日まで知らなかったのですが、ジョージア州にサンディ・スプリングスという市が2005年に設立されていて、市民の平均年収は1,000万円以上なんだとか。

人口は2016年の調査で約10万5千人。自分たちが苦労して稼いだお金が税金という形で吸い取られるわけですが、自分たちに関連するサービスよりも貧困層に多く使われていることに対して納得がいかず、独立を果たしたとのこと。自分たちで税金を運用した方が遥かに有効的である事に気付いたのです。

例えばですが、彼らの主張の1つとして「警察官は治安の悪い貧困層が多く暮らす地域に重点的に配備され、我々が住む地域は警備が手薄になっている。税金を多く払っているのに、受けるサービスは貧困層よりも少ない」というものがあるみたいです。ごもっともな意見だと思います。

また、彼らはほとんどの市の業務を民間に委託し、大きなコスト削減を実現したのです。

一方、今までガッポリ稼げていた富裕層からの税収が減るわけですから、独立された群はたまったものじゃありませんよね。群の税収は減り、地域ごとの格差がますます大きくなっているのが今のアメリカの大きな課題の1つと言えます。


資本主義国家で格差が生じるのは当然

私は貧困や経済格差を専門的に研究している身でもなければ、過去にこれらのトピックスを扱う学部に属していた事もありませんが、資本主義国家において個々人の間で経済格差が生じるのはごく当たり前の事だというのは常識的に理解できます。

競争の無い国家(もはや国家に限られる話ではなくなっていますが)はいずれ衰退します。社会主義制度下では、人間は皆平等な対価を支払われますが、こんな状況で一体誰が「頑張ろう」と思うのでしょうか。

競争環境があり、「頑張らないと良い暮らしができない」という前提条件があるからこそ人は努力するのであり(もちろんこの型にはまらない人もいるが)、これこそが国家・マーケットを回転させる一番の原動力ではないでしょうか。

最終的に報われるのは、努力せずに成功を掴んだ人(才能)と努力して成功を掴んだ人。一方、報われないのは努力したけど成功できなかった人(実力不足)と努力なんてしなかった人。資本主義の制度下では、前者と後者の間に格差が生まれて然るべきです。

それなのに、最近はメディアを中心に格差を「悪」とする発言が目立ちます。これは資本主義の制度自体を否定しているようなものだと思うのですが、そのことにみなさん気付いているのでしょうか?

自由が許される国家で格差が生じるのは何ら不思議ではありません。


富裕層は努力して成功を勝ち取っている

私のように収入が決して多くない人の立場からすると、「お金持ちは良いよな、ズルいよな、ムカつくわ」などといった感情を抱きがちですが、これは大きな間違いです。

一言で「お金持ち」「富裕層」と言っても、彼らの過ごす環境は十人十色です。富裕層の仲間入りを果たせた人の大半は努力をした結果その座を勝ち取れたものだと私は理解しており、決して「ズルい」なんてことはないのです。投資の世界においても一緒で、長年辛抱強く続けて来られた方々が栄光を手にしています。一方、貧困に陥っている人たちのほとんどは、なるべくしてなっているような気がしてなりません。

ここで言いたいのは、努力してお金持ちの座を勝ち取ったのに、努力なんてこれっぽちもしてこなかった貧困層のために彼らよりも多くの税金を納めるという行為はとんでもなくオカシイということです。若干視点は違うかもしれませんが、サンディ・スプリングス市に住んでいる人たちの気持ちはよく分かります。


逆の立場でも同じことが言えますか?

「富裕層からもっと税金を取れ」「貧困層のためにも消費税率を引き下げろ」といったような発言を最近多く目にしますが、このようなことをいう人たちにぜひ聞いてみたい。

仮にあなたが努力して富裕層に仲間入り出来たとして、同じことが言えますか?


発言する前に一度冷静に自分の行ないを振り返ってみてはいかがでしょうか。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
応援よろしくお願いします♪
関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/252-e1d8a36d
該当の記事は見つかりませんでした。