もっそり投資

異業種へ転職したサラリーマン投資家が、資産運用や世の中のオカシなことについて綴ります
MENU

株式投資経験者によるS株Now!の有効な活用方法

みなさん、S株Now!をご存知ですか?

SBI証券が提供している単元未満株サービスの1つで、テーマ株をパッケージとして一括で購入することができる優れものです。AIや半導体、子育て支援や人材関連などのテーマを選択肢すると、テーマ関連優良銘柄10社が自動的に表示され、それぞれ10万円、20万円、30万円の3つのパッケージから商品を選びます。

なお、どの銘柄を何株購入するかは発注前の画面で調節することが出来ます。


メリット① 安い手数料で分散投資

テーマ株への分散投資となると、一般的によく知られているのが投資信託だと思いますが、結構手数料がかかってしまいます。中には優秀な商品もありますが、大方は購入手数料が2%程度、信託報酬量が1%〜2%あたりでしょうか。

S株Now!はS株と同じルールで売買を行いますので、手数料は売買金額に対して0.5%を乗じた金額のみです。購入後の管理費や維持費も一切かからないので、投資信託を保有するよりも低コストで運用することが可能です。

ただ、最低手数料が54円ですので、1銘柄あたりの買付金額が1万円を下回る場合は何だか損をした感じがします。極端な例ですが、買付金額が仮に1,000円だとしても手数料は54円であり、率にすると実に5.4%にも上りますので注意が必要です。


メリット② NISAでの買い付けが可能

NISAでも売買ができるので、獲得した利益は課税されません。


メリット③ 配当金がもらえる

株式投資に変わりは無いので、S株Now!で購入した銘柄から配当金が出る場合は、保有株数に応じてちゃんと受け取ることができます。


メリット④ SBIの株アプリからも売買可能

11月16日時点でまだ対応できていないようですが、近日中に可能になるみたいです。でも今までSBIの株アプリはS株の売買にすら対応していませんでした。それがどっこい、1ヶ月ほど前のアップデートで大幅に進化し、今ではS株も他の単元売買同様アプリで行うことができるようになり、とても便利になりました。

対応する前はいちいちSBI証券のホームページへアクセスし、ログインし、銘柄を検索してからS株の発注をしていたのですっごく面倒でした。

IMG_3696.jpg


最大のメリット テーマ関連銘柄を一目で確認できる

冒頭でお話したように、S株Now!でパッケージ注文を出す直前に各銘柄の購入株数を調整することができます。まずはじめにテーマのパッケージを選択すると以下の画面が表示されます。

スクリーンショット 2017-11-15

人材というテーマを選択してみました。これを見て今までお話してきたことが繋がったのではないでしょうか?パッケージとはつまりこのことです。少し下にスクロールするとこのパッケージに含まれている銘柄の詳細が一覧として表示されます。

スクリーンショット 2017-11-151

これはとっても便利。人材をテーマにした関連銘柄が一目で分かります。これこそが個人的に考えるS株Now!最大のメリットなのです!

というのは、なにもS株Now!で買う必要はないのです。投資したいテーマに関連する銘柄をここで確認し、あとは100株単位で売買しても良し、S株で好きな金額だけ売買するのも良しなのです。投資先を剪定するための1つのツールとしてS株Now!を活用する手があるのではないかと思ったのです。

まぁしっかりと銘柄を選択するスキルを持つ投資家はそもそもこんなところで関連銘柄を確認する必要なんて無いとは思います。S株Now!は忙しくて銘柄をいちいち検索する時間が無い人や初心者向けのサービスと言えるでしょう。

ちなみに注文入力画面へ進むと、例の調節可能画面へと移ります。

スクリーンショット 2017-11-153

これは画面の一部ですが、ご覧のように注文株数を調整することができます。


続いてデメリットを少しだけ。


デメリット① あくまでも売買ルールはS株に準ずる

S株Now!の取引はS株と同じスキームで行われるので、手数料が一般的な株式取引よりも高いということに加え、発注できる時間帯が制限されていたり、約定のタイミングが前場か後場の寄り付きのみだったりします。このような融通の利かない部分があるので、1円でも株価の上下が気になる方にはあまり向いていないかと思います。

S株の売買ルールは小難しいので、初めて実践する人は発注する前に必ずSBI証券のホームページ内にある単元未満株に関する注意事項をよく読まれることをお勧めします。


デメリット② 自宅に届く膨大な量の郵便物

S株Now!を使用して1株からたくさんの銘柄に分散投資できるので、パッケージを買い増すにつれどんどん保有銘柄数が増えていき、決算月を跨ぐタイミングで自宅に膨大な量の郵便が届く恐れがありそうです。


最後にまとめ。


ある程度株式投資の経験がある方であれば、S株Now!は旬のテーマ銘柄を確認するためのツールに留め、あとは自分の手法で銘柄を深く分析し自分のタイミングで発注するのがベターでしょう。

一方、株式投資の初心者には良い制度だと思います。テーマ株に興味があるのなら、すぐに投資信託に走ってしまう前に一度S株Now!での購入を検討してみても良いのかもしれません。購入後はS株Now!で購入した銘柄を専門に管理する画面もあり、初心者にとってはありがたいツールに仕上がっています。

私は参考程度にたまに見るだけにします。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
応援よろしくお願いします!
関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/261-6948dd23
該当の記事は見つかりませんでした。