もっそり投資

貧乏サラリーマン投資家が、世の中のオカシなことや資産運用に関する話を提供します。
MENU

パーソルキャリアと面談した感想と気付き事項

昨年末にリクルートエージェントと既に面談をしているのですが(こちらも近々記事にしようと思います)、先日はパーソルキャリアのコンサルタントとも面談してきましたので、感じたことをいくつかご紹介します。

anjyuIMG_7739_TP_V.jpg


オフィスの作りはシンプルで完全個室

リクルートの本社同様、相談ブースは完全個室になっていますので隣りの話し声が聞こえてくるといったことは起きません。完全個室が当たり前だと個人的には思っているのですが、2年ほど前に小さな転職エージェント会社で面談をした際は完全個室ではなく、近くのブースで相談している人の内容が筒抜けだったなんてことがありました。


長々と待たされず、開始時間ピッタリ

私のブース入りは面談開始時間の10分ほど前でしたが、担当者が来てくれたのは開始2分前でしたので、長々と待たされるなんてことはありませんでした。どことは良いませんが、面談開始時間から15分ぐらい待たされたこともありました。


愛想が良く、ちゃんと話を聞いてくれる

肝心のキャリアアドバイザーですが、結論から言うと点数を付けるなら★★★★☆です。担当してくださったアドバイザーは私と近い歳だったと思います。20代後半〜30代前半の男性でした。柔らかい雰囲気の方で、私の話を遮ることなくしっかりと聞いてくれました。

相槌もほど良く打ち、「ちょっと情報を提供し過ぎたかな・・?」と自分で反省した時はアドバイザーの方が私の話した内容を一度その場で纏めてくれていました。

ただ、少々残念だったのはリクルートエージェントほど私の強みを纏め上げてくれなかったことです。


その場で渡された求人票は約20件

1時間ほど面談をした後、お決まりのパターンですがアドバイザーが一旦席を離れて求人票をいくつか持って来てくれます。リクルートエージェントでは6〜7件程度の提示でしたが、パーソルキャリアは20件ぐらい持って来てくれました。

私が「転職エージェント会社にも興味がある」と言ったのがきっかけだと思います。人材関連だけで10件ちょっと出てきました。以前株式を保有していたJACリクルートメントもしっかり入ってました。もちろん一番最初に紹介されたのは自社の求人票でしたが。笑

求人票は非常に見やすい作りでした。表には求人の詳細が、裏側にはその企業の概要が記載されています。具体的にどのような仕事をするのか。これが一番大事なポイントになるのですが、抜かりなく記載されていましたので好感を抱けました。

残念なポイントを挙げるならば、面談当日まで「教育業界に大いに興味あり」と伝えていたにも関わらず、当日になって人材関連やコンサル(経営や会計などの激務系を除く)にも興味が無い訳ではないということを伝えた途端に、高年収案件がドドドっ!と出てきたことでしょうか。なぜこれが残念なのかは次のセクションを読んで頂ければ分かります。


コンサルティングファームの求人情報が多い理由

転職エージェントで働いている知人がいないため、アドバイザーがどのように評価されるのかがいまいち分からずにいました。単純に考えれば何人を転職させたかというのが最も簡単に取れる指標ですが、売上金額というのも間違いなく評価対象になっているはずだと考えていました。しかし、この仕組みがどう成り立っているのかがよく分からず。

これをアドバイザーから直々に聞き出すため、面談開始時から完全に自分のフィールドへ持ち込むよう仕向けたつもりです。というのは、自分のことをざっくばらんに話し、恥ずかしいエピソードなんかも晒け出すのです。そうすることによって、相手もある程度の情報を晒け出すものです。

この作戦は上手くはまりました。

そのアドバイザーいわく、転職させた人の初年度年収の約3割が会社の売上として入って来るみたいです。例えば年収300万円で雇われた人であれば100万円が、年収900万円で雇われた人であれば300万円が売上金として入ってきます。求人を出す各企業とそのような契約をしているのですね。

ということはですよ?高い年収で雇ってくれる会社に対して転職させた方が転職エージェントとしてはオイシイですよね。実際にアドバイザーに対してその場でこの点に関してぶっ込んでみましたが、「も、もちろんその人に合った職をご紹介するのが大前提ではありますが・・、ご指摘の通りではあります」と回答がありました。

コンサルティングファーム関連の求人情報がやたらと大量に送られてくる背景には、おそらくこの高年収案件の方がオイシイというのが大いに絡んでいるのでしょう。


さいごに

パーソルキャリアの面談にはそれなりに満足しています。今後やるべきことの確認や大まかなスケジュールのイメージもその場で共有することができました。ただ、転職エージェントとしてはやはり高年収案件を出来る限りこなしたいでしょうし、スケジューリングについても極力早い段階で売上げ(自分の成果)に繋げたいので半ば無理やり締め切りを決めたがります。これが垣間見えてしまったという点においてはマイナス評価せざるを得ません。

ただ、求人内容が私の興味に割と合致しているので、今後メインで使っていくエージェントになりそうです。


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
応援よろしくお願いします!
関連記事

2 件のコメント

こーあい 様からのコメント... ""
先日、「キャリアを捨てる勇気」という書籍を読んだら面白かったです。
東大卒、マッキンゼー、お笑い芸人という異色のキャリアの持ち主です。
こういう考えもあるんだなと気付きが多かったです。ご興味ありましたら是非読んでみてください。
突然失礼しました。
2018.04.01 18:49 | URL | #- [edit]
もっそ 様からのコメント... "*こーあいさん"
ご紹介頂きありがとうございます!
昔から優柔不断で、現実的に考えすぎてしまうが故になかなか一歩が踏み出せないのです。
何かにきっかけになればと思い、読んでみようと思います^^
2018.04.01 21:52 | URL | #- [edit]

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/269-75a5c8f7
該当の記事は見つかりませんでした。