もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。現在転職活動中。
MENU

投資初心者が利益を出せた銘柄~ヘリオステクノホールディング~

2017年は株式市場が好調だったこともあり、金額こそ小さいものの実はほぼ負けずに利益を出し続けることが出来ました。投資初心者である私の利益の増加に寄与してくれた銘柄を紹介したいと思います。出来ればシリーズ化したい・・・かな!

今回ご紹介するのはヘリオステクノホールディング(6927)という銘柄です。

同社はフェニックス電機を主体とする複数のグループ会社を束ねる持ち株会社で、ランプや製造装置、人材サービス等を展開しています。特に最近は製造装置関連事業が好調のようです。

この銘柄はPERが低かったことから、投資を始めて1年ぐらいが経ったタイミングで一度かじりました。4月の下旬に605円で200株買い、5月の中旬に808円で抜けることが出来ました。

ここで上手く行ったのはいわゆる好決算の先読みです。当時同社が元々発表していた業績の進捗率から見ても、最終的な2016年度決算は上振れると予想しました。また、株価が安く評価されているという面もありました(それこそPERが低かった)。

スクリーンショット 2018-03-28

次に手を出したのは7月中旬で、単元未満株で30株を800円で購入しました。この時は同社の2017年度業績予想に対してまだ株価が少々安いと感じたこと、また、移動平均線の動き的にこれから上昇に転じるだろうと考えた結果の購入でした。

しかし、予想とは裏腹にその後株価は600円台半ばまで下がります。一番の原因は第一四半期の決算発表でした。会社業績予想に対して進捗率が極端に悪かったのです。これを受けて株価は大きく下がりましたが、決算短信をよく読むと「大きな受注残があり、売上に繋がるのは第2Qになる」との記載があったのです。

スクリーンショット 2018-03-28のコピー

私はこれを信じてそこから買い増しをします。この記載が本当なら、ヘリオステクノホールディングの株価は1,100円前後が妥当だと結論付けたのです。第一四半期決算発表直後に718円と722円で20株ずつ、9月上旬に680円で20株を購入し、あとは第二四半期の決算発表を待つことにしました。

案の定、第二四半期の決算発表では1Qで売り上げに繋がらなかった受注がしっかりと反映されており、業績の数字が3ヶ月前の結果に対して大きく改善される格好となりました。ストップ高を挟んで株価は1,245円まで上がることに。私はというと、11月上旬に1,068円で抜けました。今となってはちょっともったいないことをしたなと思いますが、個人的には上出来です。

この銘柄の取り引きを通して、決算発表時は決算短信の表紙だけではなく、その数ページ下までをちゃんと読むべきだということを学ぶことが出来ました。

※画像はいずれもSBI証券より


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
応援よろしくお願いします!
関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/273-5b502cd1
該当の記事は見つかりませんでした。