もっそり投資

貧乏サラリーマン投資家が、世の中のオカシなことや資産運用に関する話を提供します。
MENU

投資初心者が利益を出せた銘柄~マーベラス~

早速第2弾いきたいと思います!

今回はマーベラス(7844)の取り引きについてお話したいと思います。

マーベラスは10月の中旬に20株を948円で、同月下旬にもう20株を980円で購入し合計で40株保有していました。この銘柄もヘリオステクノホールディング同様、直前の決算短信で発表されていた業績進捗率と今後の利益成長率を当持の株価と比較した結果、1,100円あたりまで上がるのではないかと考えました。

また、マーベラスの株価は2017年7月末の決算発表を受けて10%以上落ち、そこからズルズルと900円台前半まで落ち込むことに。チャートを見ると、9月中旬頃から1ヶ月間は株価がもみ合いの状態だったため、10月末の決算内容によっては上にブーストするのではないかとも考えました。

スクリーンショット 2018-04-02
※画像クリックで拡大できます(SBI証券より)

ただ、一方でYahooファイナンスの掲示板では同銘柄の今後に関するネガティブな書き込みも散見されたので、ある程度参考にすることにしました。

ということで、1,100円に指値を入れて待機。10月末の決算では案の定進捗率を巻き返す数字が出てきたので、株価は最終的に11月の上旬に1,144円まで上昇する結果となりました。この取引で得た利益はたったの5,000円でしたが、利益率13%というのは今までの実績と比較しても個人的にはかなり高いものになりました。10倍ぐらいのお金を注ぎ込んでいれば・・笑


「理論株価はいくらなのか?」という議論が特に最近はさまざまな雑誌で取り上げられていますが、私の場合は銘柄選定にそこまで時間をかけられる環境にないということもあり、メディアが紹介しているような難しい数式や考え方はほとんど使っていません。単純にその時の株価が直前の決算発表で示されている会社業績予想やコンセンサス予想と比較し、割安かどうかを判断します。割安度合の判断方法ですが、主にPERと業績進捗率を使用します。

PERについては、過去3年~5年間の平均PERを算出し、まずはそれが現行の予想PERと比較してどうなのかを見ます。例えば、過去5年間の平均PERが20倍だったのに、分析している瞬間の予想PERが10倍だった場合、株価は現行の2倍程度まで跳ね上がる可能性があるということになります。

極端な例かもしれませんが、この手法で銘柄探しをした結果ヘリオステクノホールディングやマーベラスといった銘柄に出会うことが出来たので、調べればどこかに転がっているということになります。なお、予想PERは証券会社が算出しているものをそのまま使うのではなく、既述したように自分で業績進捗率を確認した上で再計算して使うようにしています。

少しでもご参考になれば幸いです。


〜おまけ〜
最近デジタル一眼レフカメラを買い、レンズも結構な値段のする奴を手に入れました。こうして記事の最後に自己満写真を1枚貼らせてください笑。飛行機、車、風景の写真がメインになりそうです。

2018_03_31_IMG_1052のコピー
※画像クリックで拡大できます


にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
応援よろしくお願いします!

関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/274-9ee9765c
該当の記事は見つかりませんでした。