もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

生まれ変わる楽天証券の超割コース

こんにちは、もっそです。

株式取引をされている投資家の皆さんが
株主優待制度を堪能する時期が来たのではないでしょうか。
私も近い将来、優待目的でワクワクしながら株式の買い付けをしてみたいものです。

さて、本日は楽天証券の新しく生まれ変わる超割コースをご紹介したいと思います。

アナウンスされてからしばらく経過してしまっていますが、
楽天証券の"超割コース"という一種の株式売買手数料が変更になることが決定されています。
2016年5月2日約定分から適用となる手数料なのですが、「ちょっと高いんだよな~」と
思わせていた楽天証券の手数料がこれでぐっと安くなりそうです。


まずこちらが"ワンショットコース"と呼ばれるプランで、
取引をする度に1回あたり○○円という形で手数料が発生します。

ワンショット

10万円まで、20万円まで、・・・と細かくラインが引かれ、
約定額に応じて手数料が変動します。
約定額が大きくなればなるほど、手数料もかなり高めになるよう設定されています。

一方でこちらが現在進行形(今まで)の"超割コース"です。

超割

さまざまな条件に応じて、手数料が割引になるというシステムです。
ランクがあり、上からダイヤモンド、プラチナ、ゴールド、レギュラーと並びます。
各ランクによって手数料が変動するのも特徴です。
ただし、レギュラーランクであれば、同基準の約定額で見た時の
ワンショットコースと手数料に変わりはありません。

また、約定額の最低基準ラインが50万円で設定されており、
最低でも341円(税込)の手数料が発生するようになっています。

今回、この超割コースが新たに生まれ変わるという話なのですが、
一体どこがどのように生まれ変わるのかを見ていきたいと思います。

とりあえず、"新"超割コースの手数料を見てみましょう。


超割新旧対比

私も「えっ!?」と思ったのですが、どこを取っても現行のどのプランよりも
安くなっていることが見て取れるかと思います。

また、今までのダイヤモンドやプラチナといったランク制度が廃止され、
代わりに大口優遇の判定条件が緩和されたり、その期間が延長されたりと、
結構お得な内容となっています。

新超割
(現行の超割コースのレギュラーランクと比較した際の料金体制、各社比較)

おまけに、楽天スーパーポイントが必ず1%還元されるので、
"1%ポイント還元後"という欄が実質的な手数料となります。

知人の勧めで最近楽天証券を使い込み始めていましたが、手数料が少々割高だなーと
思っていた矢先でのこの割引発表でしたので、正直嬉しいです。

個別株への投資はもう少し先になりそうなので、この割引の恩恵を
すぐに受けることはありませんが、投資信託のファンドも種類が豊富ですし、
これから投資を始めるにあたり不足無しといった感じです。

新しい超割コースについては、以下から詳細を確認出来ます。
楽天証券の超割コースについて

昨日は会社の宴会でしたが、やはり何も楽しくはなく、残業代を出して欲しいぐらいです。
これでも営業陣と比べたらまだまだ平和な宴会なので、
この先異動になった際のことが心配でたまらないです・・・



人気ブログランキングへ
1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします(・ω・)

関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/28-bd5183e9
該当の記事は見つかりませんでした。