もっそり投資

異業種へ転職したサラリーマン投資家が、資産運用や世の中のオカシなことについて綴ります
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※ネタバレ多数『すべての知識を「20字」にまとめる 紙1枚! 独学法』を読んで

ビジネス本をはじめ、せっかく書物を読んだのに、学んだことのほとんどを忘れてしまっているという経験はありませんか?

私はいつもこの問題にぶち当たります。

どうすれば読んだ本の内容を記憶し実践することができるのか、全然分かっていなかったので、この課題を克服するために1冊の本を読むことにしました。

今日はその本を簡単に紹介したいと思います。以下、メモも兼ねてます。

すべての知識を「20字」にまとめる 紙1枚! 独学法

新品価格
¥1,512から
(2019/1/21 17:08時点)



記憶に残る学習方法とは

「現在は学びが消費になっている時代である」と、最初に筆者は唱える。ネット上に学びの情報が溢れ返っている状態は学びの消費であり、「消費」するから記憶に残らないのだと。これは食事と一緒だという考え。

そこで、消費型から投資型の学習へと転換を進める必要がある。目的を明確化し、それを達成するための能動的な学びを実践することが大切。

コンテンツが頭に残らないのは、著者の言っていることを鵜呑みにしているから。思考整理しながら読むことで、自分なりにコンテンツを噛み砕いてインプットすることが可能になる。

また、学んだことを短く要約できていないというのも記憶に残らない原因だと唱えている。いつまでも覚えられる長さで要約することがポイント。

そこで、20字で伝えたい内容は表現するということを繰り返し実践していく。

思考整理とは、情報を整理し、考えをまとめることである。こうすることで考え抜くようになり、その本で取り扱うテーマの本質に迫ることができるようになる。

学習とは、思考整理による本質探求であると筆者は唱えている。


20文字要約の仕方

・本を読む目的/勉強する目的を明確に書いておき、常に目に入る場所に置きながら学習することで、目的に必要な情報以外を切り捨てることができるようになる。

⑴上記の「目的」をチラチラ見ながら本を読んでいく。

⑵一度読んだら、今度は本を見返しながら(思い出しながら)目的を達成するためのキーワードを拾って書き出していく。これが20文字要約を作成するための材料集めプロセスに当たる。キーワードの数は8〜16個。16個以上は最後にまとめられなくなるので現金。この作業は10分以内を目標に行う。

⑶書き出したキーワードを同グループで囲い、共通する新たなキーワードを考えてみる。

⑷最後に、関連するキーワードから要約を作ってみる。

20文字要約の際は、言葉の定義にあまり気を配らなくていい。この点に気を配ると何も書けなくなってしまう。自分が思う表現でそのまま。正解なんてない。大切なのは、目的の達成に役立つかどうかである。


アウトプットするためには?

学習はインプットだけでは意味を成さず、アウトプットできて初めて役に立つものである。

じゃあアウトプットとは何なのか?

仕事ができること?

いや、「説明ができること」である。いざ人から何かを聞かれた際に説明できるように物事を理解することが重要である。

アウトプットできる=人に説明できる=人に納得してもらえる

では、アウトプットができる人になるためにはどうしたらいいのか。
・What / Why / Howの3つの疑問が解消されている状態をつくる。

What=何を学んだのか
Why=なぜ学んだのか
How=それをどう活かすのか

常にこの3つの疑問を解消しながら思考整理することが大切。これを実践すると、「何が分かっていないのかが分からない」という状態に陥ることも少なくなる。

既出の通り、

学習=思考整理による本質探求である

と同時に、前述した3つの疑問を解消するように学ぶことで、

学習=3つの疑問を解消する思考整理 となる。
※数学の数式に見立てて考えると分かります


何のために学習するのか

そして、最後に筆者は「そもそも我々はなぜ学習をするのか」というコンテンツに触れます。

子どもが楽しく色々な知識を身につけている様子を見ていると、学習とは本来楽しいものであるはずだと感じる。それこそ知的好奇心が原動力となって学習する意欲が湧くものである。

また、仕事とは周囲の人を楽にすることである。それはすなわち、周囲の人のことを本気で考えるということ。その結果、リターンとして評価や対価が手に入ることになる。

つまり、いかに他者貢献できるかが仕事の結果に結びついていて、学習とは他者貢献の力を高めるための手段なのである。

現代の日本では、「良い大学に入る」「良い会社に入る」「良い資格を取る」などといった「経歴獲得型学習」が蔓延してしまっているが、「知的好奇心型学習」を取り戻すべきであり、その学習が他者貢献に繋がるものであれば尚良い。


最後に、この本を読んだ上で20字要約に挑戦


「目的を意識し、学んだ事を20字で要約する」


すべての知識を「20字」にまとめる 紙1枚! 独学法

新品価格
¥1,512から
(2019/1/21 17:08時点)



にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 
関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/305-181ea93b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。