もっそり投資

異業種へ転職したサラリーマン投資家が、資産運用や世の中のオカシなことについて綴ります
MENU

転職して気が付いた労働コスパの良し悪し

6月も終わりを迎えます。世間一般ではボーナスの支給がある時期ですね。
私は転職して初めてのボーナスになります。

みなさんボーナスは何に使いますか?

このブログに足を運んでくださる方に対して「使う」とうワードがそもそも愚問かもしれません。
ちなみに私は「使う」こともなく、貯金&投資資金に回すのみでございます。
半分ぐらいは投資資金に回そうかな。

入社後半年間の営業実績が予算よりも上だったので、ボーナスは前職よりちょっと少ないぐらいでした(もっとガッツリ減ると思っていました)。
毎日自分の時間なんてほぼ作れないぐらい働き、日中もフルでエンジンかけまくって働いているのに、それでものらりくらり働いていた前職よりも少ないんですから、いかに今までの年収に恵まれていたかを改めて痛感しました。

やっぱり大手メーカーの給料は良いですね。

今の仕事にはすごくやりがいを感じていますが、働く時間と年収のバランスが以前と比較すると悪過ぎます。
労働コスパ(私が勝手に作り上げたワードです)が良くないのです。
自分の頑張り次第ですが、今後年収を伸ばすことが出来ないのだとしたらまた考えないといけないかもしれません。

転職を経験したことで、やりがいと年収、それぞれをどの程度追い求めるべきなのかが分かりました。
私の場合は「やりがいゼロ、年収良い」の状態から「やりがいMAX、年収少なめ」へ極端な転職をしてしまったため、やはり高い年収を手放してしまったことに対する心残りが正直あります。

ただ、今の仕事を通して身につく営業スキルや課題解決のフレームワークはたくさんあるので、まずはそれらを使いこなせるようになりたいところです。
PDCAを一人で回せるようになれば、基本的にどのような仕事においても内省することが可能になるため、成長も出来ます。

今やていることが無駄ではないと信じ、引き続き頑張るつもりです。

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ 

関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/308-4283488f
該当の記事は見つかりませんでした。