もっそり投資

仕事が大嫌い!な貧乏サラリーマン投資家が、主にお金にまつわる話を提供します。
MENU

果たして結婚式の相場はいくらなのか

投資には関係ありませんが、人生に(おそらく)一度きりのイベントを
これから迎えるにあたり、せっかくなのでその記録を残そうと思います。

結婚式です。

今体験している様々な悩みや葛藤をここに記しておきたいと思います。
みなさまのご意見もお待ちしております!


結婚式にいくら出せる?

ほとんどの人は、まずこの問題にぶち当たるのではないでしょうか。

いくらまで出せるのか。

新婚の2人が初めて喧嘩する、なんてこともあるのではないでしょうか。

このブログは、基本的に隠し事をしないというのをモットーにしております!
なのでぶっちゃけますが、個人的には300万円を上限ラインにしたいと思っています。
(※お車代までを含む)

300万円と聞いてどうでしょうか?
「安いな!」「まあそんなもんか」「背伸びするね~」など、非常にさまざまだと思います。

周りの友人の話を聞いていると、350万円、400万円、高い人だと450万円使っている人が
結構たくさんいるので、金銭感覚が麻痺しつつあります。
「350万円が平均かな」とみんな口を揃えて言いますが、果たして本当にそうでしょうか。
みんな見栄を張っているだけなのでは?と正直感じている部分があります。

私は別に見栄なんて気にしません。
コストパフォーマンスが良ければそれで良いのです。

全てとは言いませんが、結構多くの結婚式場において
コストパフォーマンスに対して疑問を抱くことがあります。


結婚式の費用は、チャペルで変動する

我々夫婦は、チャペルでのキリスト教会式に憧れを抱いています。
キャンドルの明かりだけで灯された薄暗い教会の中、
厳粛な雰囲気で挙式を上げるのはとても魅力的です。

一部の方は、「キリスト教徒でも何でもないのに、キリスト教会式を挙げるのは理解不能」と
反発しますが、個人的には肯けるところがありながらも「個人の自由」だと考えています。

キリスト教会式といえば、とっても大事なのがチャペル。
チャペルの規模や雰囲気によっては、式のイメージもガラッと変わってしまいます。

よく好まれるのは、式場と披露宴会場が別々になっている独立型チャペルで、
麻布グレイスゴスペル教会のように元々教会として機能している会場や、
アニヴェルセルのように専門式場内に立派なチャペルを持つ会場等があります。

この2つの会場は、私のように教会式に憧れを抱く人たちの中では
絶大な人気を誇っている会場だと認識しています。

80名で披露宴をすると考えると、麻布グレイスゴスペル教会は380万円~400万円ほど、
アニヴェルセルは最も高いと言われている豊洲の会場で500万円を超えてきます。
※もちろん、オプションの付け外し等で料金は大幅に変わることがあります。

一方で、ホテルウェディングやレストランウェディングは、さほど料金が高くありません。
コストパフォーマンスが良い式場だと、1人単価25,000円程度で出来てしまうこともありそうです。
(80名だと、合計で200万円ほど)

しかし、独立型のチャペルを保有しているホテルやレストランはほとんど無く、
チャペルを取るか安さを取るかで大きな葛藤が生じています。


結婚式の費用は、シーズンでも変動する

もちろんチャペルだけで費用が変わる訳ではなく、他にもいくつか要因があります。
食事のグレードもそうですし、ドレスだってまちまちです。

ただ、もうひとつ大きな要因を挙げるとすれば、シーズンだと思っています。

例えば12月~1月と、5月や10月を比べてみると、開催月だけで30~40万円変動します。
さらに、大安か仏滅かで15~20万円変動します。
5月の大安なんて選んだらもう大変ですよ。

一生に一度の結婚式ですから、欲張りたい気持ちはすごく分かりますが、
例えば出産など、結婚後の生活に必要なお金のことを考えると、そこまで贅沢は出来ません。

結局結婚式の相場はよく分かりませんが、私はある程度300万円にこだわりたいです。
もちろん嫁にはドレスでケチって欲しくはないので、それなりにフレキシブルでいるつもりです。

次回は、現在我々夫婦が暫定的に予約している式場とその見積額を紹介し、
コストパフォーマンスが良い他の式場と色々比較してみたいと思います。



人気ブログランキングへ
1日1回、ポチッと応援よろしくお願いします(・ω・)
関連記事

Leave a Comment






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mossoritoshi.blog.fc2.com/tb.php/51-59ebd305
該当の記事は見つかりませんでした。